手紙を書くとき、

相手のことを頭の中で思い浮かべている。

その人の表情やしぐさや声を思い出しながら、

どんな言葉を届ければいいか、

ひとり静かに考えている。

手紙を書くことは、

ただ紙に文字をつづることじゃない。

その一枚の紙は、人が人を想った足跡。

誰かに想われている証。

あの人を想った時間を、

あの人に届けてみませんか。

誰かを想う日がやってくる。

母の日特設サイトはこちら